実録・日本やくざ烈伝 義戦2 昇華篇

実録・日本やくざ烈伝 義戦2 昇華篇

広島抗争激化と同時期、森田幸吉(菊池健一郎)と兄弟分・横江利雄(逸見太郎)の間に生じた、高橋組跡目相続の問題は、横江の引退により終止符が打たれた。幸吉は高橋組を継承し、昭和四十四年、侠道会が正式に発足した。これにより、地元を統一した幸吉であったが、侠道会に平和な日々は訪れなかった。山田久の供政会三代目襲名に反発した十一会の梶山慧(坂上忍)が、山田、浅野組組長・浅野真一らを銃撃し、この時使われた車が侠道会のものであったことから、侠道会は、供政会と浅野組を同時に敵に回すこととなったのである。さらに時を同じくして、侠道会高知支部と山口組豪友会が抗争に突入。侠道会はまさに四面楚歌の状態へと追い込まれていくのである・・・激動の広島抗争史を駆け抜けた男たちの生き様を全て実名で描く問題作、第二弾!

 

出演:菊池健一郎、逸見太郎、デビット伊東、岩本恭生、坂上 忍、中村繁之、青田典子、加勢大周、高知東生、峰岸 徹、六平直政、草刈正雄、(ナレーター/奈良坂篤)

脚本:竹野裕子、渡鹿KEN

監督:市川 徹

制作年:2001年

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る